伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

個人的No.1サッカーマンガです!

メリークリスマス!

思えば遠くに来たものだな更新6日目!

昨夜はシャンパンとケーキとプレゼント用意して、無事(!?)にクリスマスパーティーナイトでした。

ちょっと酔ってしまって早めに寝てしまったのは内緒です。

 

さてさて本日のマンガは

f:id:drumdk49:20161225173317j:image

U-31

です!

はいこれ、個人的サッカーマンガの名作1位来ちゃいました!

原作者はジャイアントキリングの方ですが、作画は別の方です。

時代としては2002年日韓ワールドカップ後から2006年ドイツワールドカップの間です。

あの当時のJリーグ好きな方でしたら思わずニヤリとしてしまう登場人物たちですが、細かいことはさておいて。

主人公である河野選手の泥臭くも熱い魂の物語です!

今気づいたけど、河野の年、超えたんだな~。(28歳です)

サザエさんよりも年上になっとるしな~(24歳です)

 

さて、日本でサッカーフィーバーが来たのはいつ頃かなと思います。Jリーグがスタートした時はすごい盛り上がりがあったのを覚えています。

フランスワールドカップの初出場(’98)、

日韓ワールドカップ(’02)

あたりでサッカーというものがあまり興味ない人にも定着してきたかなと思います。

ちなみに僕はサッカーにあんまり興味を持っていなかった側の人間でした。

日韓ワールドカップの時に覚えた選手は、

オリバーカーン(ドイツ)とクローゼ(ドイツ)、、、

ドイツばっかやな~。

ま、ドイツには縁があったのでそういうことにしておきましょう。

ちなみにこのマンガではドイツ人は出てきません。

 

ちょっと読み返してみてハッとしたシーンがありました。

色々なことがあってへこんでいる河野選手とシウバ(ブラジル人選手)との一コマ。

シウバ「最近、サッカー楽しんでなかったろ」

河野「そうだったかもな、、、」

シウバ「フッチボールはいつだって真剣に楽しまないとな!!」

 f:id:drumdk49:20161225173347j:image

f:id:drumdk49:20161225173352j:image

 

彼らはプロのサッカー選手。プロだからこそ真剣に楽しまないとな!!というセリフが出てくるのだと思います。

SNSもマンガも仕事も真剣に楽しまないとね!!!

その楽しさが自分の周りにいてくれている人、お客さんに伝わっていくのだと思います!