伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

プロレススーパースター列伝~タイガーマスク~

こんにちは!84日目の更新です!!

ちょっと前におかざき商人塾の会にて西洋占星術の会を行いました。そこで自分のパーソナルカラーがピンクと出たのですが、ピンクって難しい色だな~というのが本音でした。

コーディネートに取り入れるにもなかなか難しいので、さてどうしたものかと思っていたのですが、ペンの色なら普段持ち歩けるしちょうどいいと思い、竹内文具店さんにて早速購入しました!しかもデュポン!これで運が巡ってきました!

 

さてさて本日で一旦プロレススーパースター列伝は最終回です。

最後を飾るのはこのレスラー

f:id:drumdk49:20170313202549j:image

タイガーマスク

です!

 

僕自身がプロレスを見ていたときは10年位前ですが、その時もタイガーマスクはいましたね。何代目かはわからないですが。

そんなタイガーマスク、初めてリングに上がった時の反応はすごかったと思います。現に「プロレススーパースター列伝」でも通常は1,2巻で1人のレスラーを扱っているのですが、タイガーマスクについては3巻!当時のタイガー人気が垣間見えます。

f:id:drumdk49:20170313202611j:image

 

アニメやマンガのキャラクターが現実のリングに上がって、しかも強いとなればそれは衝撃もすごいのだと思います。

レスラーは人気だけではなく強さが基本にあるのだと改めて思いました。強くてカッコいい!それがプロレスのスーパースターだと思います。そしてタイガーマスクはまさに強くてカッコいいレスラーだったのだと思います。

それとマンガのキャラクターをやったのはタイガーマスクが一番初めだったんじゃないかなと思います。だからこそインパクトがあった!

先に違うマンガのキャラクターが出ていたらそこまで衝撃はなかったと思います。ある意味でタイガーマスクが独り勝ちの状態だったのではないでしょうか。

f:id:drumdk49:20170313202629j:image

 

やっぱりレスラーはスーパースターですね!今回1人ずつ取り上げて改めてそう思いました。

そして、スーパースターと呼ばれるだけの実力とキャラクターがあったのだと思いました。

実力と個性、この2つが大事なのだと思います!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

プロレススーパースター列伝~ハルク・ホーガン~

こんにちは!83日目の更新です!!

昨日までの出張から帰って1夜、本日から通常業務です。と言っても1泊2日の出張だったのにものすごく長~くいたような気がします。特に理由が思いつかないのですが、あるとすれば、それだけ濃い!1泊2日だったのかなと思います。

初日の東京では、サービスということについて衝撃を受けたり、大学時代の友人と飲んだりと盛りだくさんでした。2日目の横浜ではリノベマンションのすごさに驚いたり、赤レンガ倉庫の時を経たレンガにテンションが上がったりしました。これだけ濃いとそりゃ長くいたと思うわなと思います。

昨日も書きましたが今回は感性が刺激される出張でした。これを仕事に還元していきます!

 

さてさて本日はプロレススーパースター列伝よりこの方

f:id:drumdk49:20170312174435j:image

ハルク・ホーガン

です!

 

このプロレススーパースター列伝のお話をするとちょいちょい出していますSFCファイヤープロレスリング。そのファイプロで1番使ったキャラのモチーフがこのホーガンでした。なので結構思い入れありますね!アックスボンバー懐かしいです!

f:id:drumdk49:20170312174443j:image

 

ただ、ホーガンがロックミュージシャン出身なのは知らなかったです。結構サマになっていますね。

f:id:drumdk49:20170312174453j:image

 

このマンガで猪木が「レスラーは常人ではいけない」とコメントしていますが、ホーガンのパワーはまさに常人離れしています!

f:id:drumdk49:20170312174514j:image

 

アンドレ・ザ・ジャイアントを持ち上げたりできるなんて想像もできないです!

 f:id:drumdk49:20170312174520j:image

 

仕事についてもそういう面があると思います。常人ではできないことをやるから仕事になっていくのだと思います。怪力とか分かりやすいものも良いですが、専門知識などは常人離れの最たるものだと思います。業界では知っている人が多くても、その業界以外では知らない人がほとんどです。そういう知識や技術を使うからレスラーのようなパワーが生まれてくるのかなと思います。

そういう意味ではだれでも「ハルク・ホーガン」になれるのだと思います。ホーガンはパワーでしたが、技術なのか、知識なのか、心遣いなのか、マンガ知識なのかはそれぞれですが、そうした芽を伸ばしていく事でホーガンのパワーのような力になってくるのだと思います!

f:id:drumdk49:20170312174546j:image

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

イチバーン!!!

横浜って色々とお話の舞台になってますね。

こんにちは!82日目の更新です!

昨日から今日まで東京〜横浜と色々見学させていただきました。本当にこうして2日間いけた事に感謝です。

東京の研修会を企画された塾生会の皆様、リノベマンションの見学をさせていただいた、リノベ屋さんとそこの大家さん。

そして送り出してくれた会社のみんなと嫁ちゃん。

おかげで自分の感性をガンガンに磨く事が出来た2日間でした!あと、秋葉原で一緒に飲んでくれた友人にも感謝です!

f:id:drumdk49:20170311220302j:image

 

さてさて昨日は聖地秋葉原のお話でしたが、今日は横浜のお話。

ウチのマンションの壁面がレンガ張りなので、これが何十年経つとどうなるのだろうと思い、赤レンガ倉庫を見に行って来ました!

f:id:drumdk49:20170311220516j:image

 

行って良かった〜!レンガの感じがヤバかったです!心にビンビン来ました!

f:id:drumdk49:20170311220624j:image

 

ウチのマンションも未来にはこうなるのだと思うとテンション上がります!

ずっと残していけるようにがんばります!

 

で終わっちゃうとこのブログではないので、横浜の聖地のお話を。

この赤レンガ倉庫と言うかみなとみらいのあたりはアニメのアイドルマスターで使われた事があるそうですね。

その時のお話の主役は三浦あずささん。あずささんがウェディングドレスを着て町中を走るお話だったと思うのですが、内容としてはそれくらいしか覚えていないです。

あとヨコハマ買い出し紀行もありますね。実は読んだ事がないのですが、、、

次に読むマンガリストに入れよう!

後は横浜ではないですが、

横須賀が舞台のハイスクールフリートや鎌倉舞台の南鎌倉高校女子自転車部、湘南のスラムダンクなど結構舞台になっているところが多いですね。

 

有名な観光地もモチロン楽しいですが、こう言う好きなお話の舞台となった場所というのもそのお話の世界を感じれて楽しいですね!

そういう旅の楽しみもありだと思います!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

秋葉原という中心地

こんにちは!81日目の更新です!

本日は経営塾の研修会で東京へ出張でした。明日は横浜のリノベマンションの見学に行くので、横浜で1泊です!

今日の研修会で1番衝撃的だったのは青山のカシータさん。サービスはここまで出来るんだと思いました。

予約してあるとはいえ、団体ではなく個人の名前を呼ばれた事やこのブログについてボーイさんに話された事。本当に驚きでした。このお店に行った事はもちろんありません。それでもお客さんの情報を集めて、それを話題に出来るのは誰でも出来ることではありますが、徹底しないと出来ない事だと思います。良い勉強をさせていただきました!

 

せっかく東京に来たので、本日はマンガではなくこちらのお話

f:id:drumdk49:20170310221120j:image

秋葉原

です!

言わずと知れたオタクの聖地であり、ラブライブ!ではまさに舞台だったところ、ラブライブ!サンシャイン‼︎では千歌ちゃんがスクールアイドルの輝きに出会ったところです!

f:id:drumdk49:20170310221250j:image

 

秋葉原には何度も来てますが、初めて来たのは大学の就職活動の時ですね。当時は山梨大学にいましたが、今思えば勿体無かった!もっと早くに行っておけば良かったと思います! 

まあ、そんな話は置いておいて、アニメ好きの聖地からAKBの活躍などもっと広い意味でカルチャーの中心となりつつある街だと思います。

東京の面白いところは、色々なカルチャーがそれぞれのエリアで集まって来ている事だと思います。だからネットなどで地方でも仕事が出来ても東京に人が集まるのだと思います。

 

ちなみに秋葉原の舞台のマンガ、アニメ、ゲームですと、

シュタインズゲート

ラブライブ!

秋葉原電脳組

孤独のグルメ肉の万世

など色々とありますね。シュタインズゲートは名作です!

f:id:drumdk49:20170310222310j:image

 

オタク的なカルチャーは秋葉原ですが、それ以外エリアでそれぞれカルチャーが成長し続けている東京は本当に刺激的な所だと思います!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 

あの敵役にも人間味がある訳です

こんにちは!80日目の更新です!

今日は比較的暖かいですね〜。ゆっくりと確実に春に向かってきているのだと感じますね!

明日から東京に一泊で出張に行ってきます!どんな出会いがあるのかワクワクしますね!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170309221241j:image

中間管理録トネガワ

です!

カイジ」に出てきた憎っくき敵役トネガワのスピンオフかと思いきや、トネガワを使ったギャグマンガって感じですね。本編での存在感、立ち回りと、このマンガ内での動きのギャップが笑えます!実際にこのトネガワの方が現実感ありますしね。

 「カイジ」ではイヤな敵役のトネガワでしたが、確かに彼もサラリーマン、中間管理職としての苦悩があるとは想像出来ますね。

特に会長の無茶振りに悩まされ、黒服の育成に苦悩するトネガワは、あのイヤな敵役ではなく、何処にでもいる中間管理職のサラリーマンですね。

カイジの世界で会長は特別ですが、会長以外は良くも悪くも普通の人間ですね。

トネガワというカイジの中でも屈指の敵役ですらこういう普通な部分があるのが面白いです。部下の結婚式の余興をやったりとノリノリだったりしますからね。

f:id:drumdk49:20170309221329j:image

 

現実でも普段見えている姿だけでは無い姿を持っている事は誰にでもあると思います。

そう行ったところの意外性もまた魅力に繋がってくるのだと思います!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ナウシカ最終巻

こんにちは!79日目の更新です!!

昨日からまためっきり寒くなりましたね。ちょっと暖かくなってきたな〜と思った矢先にこの寒さ。体調はしっかり気を付けていきたいですね!

 

さてさて本日は予定を変更してこちら、

f:id:drumdk49:20170308212646j:image

風の谷のナウシカ 7巻」

です!

毎週1冊ずつ読んで更新してきたナウシカも本日の7巻で最終巻。

読み終わってまず思うことは、あの映画は何なのか?という事ですね。それくらい映画とマンガが違います!マンガのための導入として映画があると言っても良いくらいです!

 

この7巻でナウシカの世界の秘密が語られました。その最たるものが腐海が何故あるのかという事です。まさかそんな秘密があるのかと思いました。

あとオーマ強過ぎですね。ただオーマの本質は兵器としての強さと言うよりも、裁定者としての機能なのだと思います。裁くための力として、あの兵器としての強さがあるのかなと思います。

f:id:drumdk49:20170308212707j:image

 

生命とは何なのかと言う事をナウシカはずっと問いかけてきたのかなと思います。

キレイなものだけでは人ではないと言うのは、確かにそうだと思います。

キレイなものも汚いものも、その両方があると言うことが人の本質なのだと思います。その事から目をそらしてはいけないのかなって思いました。

f:id:drumdk49:20170308212719j:image

 

ぶっちゃけで言いますと、内容は面白かったのですが、マンガとしてはどこか読みづらかったです。読みながらちょっと疲れる感じといえば良いかな。おそらく、それだけ内容が濃いという事だと思います。

 

ナウシカの旅はこれで終わりという事ですが、この後、人類はどうなるのかなって思いました。その理由は読めば分かるので、是非読んでいただきたいと思います。オーマの最期もすごく良かったです。

苦しくても辛くても生きるという事が、宮崎駿が言いたい1番の事だと思います。そして、世界はキレイなものと汚いものとあり、そのどちらも併せ持っていく事が生きるという事なのかなって思いました!

f:id:drumdk49:20170308212754j:image

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ガンダムというパワー

こんにちは!78日目の更新です!!

78といえば、RX-78ですね~。かの有名なロボット、ガンダムの型式です。これはガンダムがそれまでのロボットアニメと比べて特に革新的だった一面だと思います。アニメとしては必要ないものであっても、リアリティを持たせるためには必要な要素だったと思います。こういったリアリティの追及がガンダムの濃さに繋がってきているのだと思います。

 

ということで、本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170307212000j:image

「「ガンダム」を創った男たち。」

です!

描かれているのは、こういうマンガを描かせたら右に出るものはいないと個人的に思い始めてきた大和田秀樹先生です!

このブログでもちょいちょい出てますね!

 

ガンダム自体の逸話は色々と聞いてますが、当時の熱気は僕自身が産まれる前のことでもありほとんど知らないです。

その熱気がこのマンガからは伝わってきますね!

ガンダムがいかに革新的だったのか

ガンダムがどう爆発的ヒットをしたのか

ガンダムが社会にどんな影響を与えたのか

ギリギリの所で戦い続けていた「ガンダム」、そしてそのガンダムを創っていた男達の熱いドラマがあります!

f:id:drumdk49:20170307212015j:image

 

僕がガンダムを知ったのは多分、「逆襲のシャア」からだと思います。その時に見た内容とかほとんど覚えてないですけどね。

はっきり覚えているのは「ガンダムF91」ですね。あそこからガンダム熱が点いたのだと思います!

ちなみに一番最初に作ったガンプラはBB戦士のサザビーです。なのでサザビーは結構好きなモビルスーツです!

お台場に原寸大のガンダムが立つ世の中になるとは小学校の時には思いもしませんでした。今度は最新のガンダムであるユニコーンガンダムが立てられるそうですね。

やっぱり「ガンダム」という言葉に一言では説明出来ない想いがあります。一番最初にガンダムが作られた時から、まさに未来を表す言葉だったのだと思います。

これからも続いていくであろう、ガンダムが楽しみです!

f:id:drumdk49:20170307212027j:image

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!