伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

岡崎市でマンションのオーナーや家具屋をやっている会社の人です。気付けばディープな趣味になったフィギュアの話がほとんどなブログです。あとはマンガやゲームとか。たま~に真面目なこともお話することもあったりします。

どんなに素晴らしいイメージでも頭から取り出さないことには始まらない!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210118163055j:image

今回はねんどろミクちゃんのお届けでした!

f:id:drumdk49:20210118172006j:image

最終日の今日は、瓶ビールからヤッホー!

な一枚にしてみました。頭の中で構想していたのと、割と近い感じで撮れたので良かったです。やっぱりこういうのは、頭の中のイメージを取り出すことが大事ですね。取り出した結果、上手くいくかどうかが分かります。逆に言えば、取り出さないことには分からないなって思いました。

 

頭の中では上手くいってる

とは宇宙兄弟の主人公六太のセリフです。僕としては結構、好きなセリフでもあります。フィギュアの撮影でもそうで、頭の中ではものすごく良い写真になっています。もうね、そのまま見せてあげたいくらい!ではそれを取り出した結果はどうかというと、良かったり悪かったりな感じですね。

天候については置いておいても、構図とかそういうのは、ほぼほぼ頭のイメージ通りやれたとして、思った通りじゃん!なこともあれば、あれ?思ってたのと全然違う。ってこともあります。

 

大事なのは頭の中を取り出してみること

これに尽きるなって思います。頭の中でどんだけ素晴らしいイメージがあっても、それを取り出してみないことには始まらない。取り出してみて初めてわかることもある。

できる・できない、以前に、やる・やらないが大事なことだと思います。できる・できないはスペックの問題です。

僕が今から100m走を9秒台で走るのはスペック的には不可能です。ただ、やる・やらない、この場合で言えば、目指す・目指さない、はスペックに関係なく決めることができます。

やってみて上手くいくこともあれば、全然ダメなこともある。その中での気付きがあれば、ひとまずは良い経験だったと言えるんじゃないかな。

かと言って意味もなく始めるのはどうかなって思いますけどね。100m走9秒台を目指すことに僕個人としては意味を見出せないので。そのあたりの決定プロセスこそが、価値観と呼ばれるものなんじゃないかなって思いました。

 

(フィギュア写真集はどう?)

(それはちょっとやってみたいかも)

アートかどうかは自分しだい!そんなことを思った本の感想!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210117172211j:image

今日は本棚からこんにちは!

な、ねんどろミクちゃんの一枚!

投稿する時に写真を見ていたら、後ろのマンガがサッカーマンガで、ちょうど応援に合うな~って思いました。へうげものも写っているけどね。応援が合うかはさておいて面白いマンガですよ。へうげもの

 

昨日に続いて、今日も読んだ本の感想!

最近、なにかと話題のアートについての本を読みました。アートとは何ぞや?的な本だと思って読んだのですが、思考を重ねて自分なりのアートにたどり着ける一冊だと思いました。

本としては授業形式で進められており、ワークを挟んであったりして、飽きの来ない一冊でした。まぁ、そのワークもやらなかったのもあったけどね。そして、そこをばっちり見透かされていました。

 

とどのつまりアートとは自分の気持ちしだい

ツイートの中にも書きましたが、そういうことだと思いました。

カップヌードルの容器を見た時に

お腹が空いてしょうがない時には食べ物に見え

ゆとりがある時にはアートに見ることができる

この時のアートの線引きを誰がしているかと言えば、自分なんですよね。作中でも言われてましたが、アンディウォーホルのことがあるから、僕はカップヌードルのパッケージはアートだと思いました。

そこで引っかかったのは、

デザインとアートは何が違うのか?

という点でした。でも、これも空腹の話と一緒で、製品として見るからデザインであり、作品として見るからアートなんだと思います。とどのつまりは自分の思考しだいという訳です。

 

だからこそ自由なんだよね

フィギュアをアートだという人は、あまりいないと思います。僕自身、アートという目でフィギュアは見てないかな。好きなものとして見ています。この好きという感情、オタクっぽく言えば、萌えという感情も突き詰めていけばアートに繋がるのだと思います。

アートの定義は人それぞれ。だから自由なのであり、そして自由で正解がないからこそ、これからの時代に必要な考え方なのだと思いました。

 

(君の撮っている写真はアートかい?)

(あれはただの趣味だよ)

成毛眞氏のバズる書き方を読んだ感想と実践をしてみたこと!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210116171834j:image

今回からは、ねんどろいど初音ミクちゃんのお届けです!

何故か3つも当たってしまった、しず子のタオルの柄を背景に撮ってみました。和柄が意外と良い感じ。

あまり引きすぎると、しず子自体が写り込んでしまうので、大きさには注意が必要だけど使えるなと思いました。

 

短パン社長が推薦されていた、成毛眞氏のバズる書き方を読了しました!

f:id:drumdk49:20210116171843j:image

難しい表現があるわけでもなくスルスルと読むことが出来ました。文章の書き方とテクニックについての本で、SNSに定期的に投稿している人にとっては分かりやすい1冊だと思いました。

という事で昨日からこの本のテクニックに合わせて、できるところから始めてみました。

それは

推敲をすること

読点に気を付けること

この二つです。

 

やっているようでやっていなかった推敲

基本的にブログはPCから書いています。その方が書きやすいのでそうしています。PCで下書き保存してスマホから投稿。これが僕のブログ投稿の流れです。

となるとスマホ画面で一度、確認しているはずなのですが、書き換えたりはほとんどしてなかったです。斜め読みをするだけ。なので昨日のブログではじっくり読んで推敲してみました。

すると色々と気になるところが出てきました。そういったところを一つずつ直したりしてみたら、多少はいつもより読みやすい感じになったかなと思いました。

 

分かっていないかった読点の使い方

以前に読点は、ひらがなにしか使わないと知人から言われたことがあります。なので、その使い方で書いてきたわけですが、そうじゃないんだなと思いました。

今確認します

という文章で、今の後に読点を入れるかどうかが地味な悩みどころでした。

今、確認します

の方が読みやすいな~と思っていても国語のルールは違うんだな~って思っていました。この本を読んで、そこにこだわるよりも、読みやすさにこだわった方が良いなって思いました。

また、読点一つで言いたいことを強調できるというのも、文章の見せ方として大事なことだなって思いました。

 

どんな本でもそうですが、やっぱり素直に一つでもやってみることが大事ですね。

それが、自分の肌感覚に合えば続けていけばいい。合わなければやめればいい。推敲もライブ感を大事にしたいならやらないのが正解だと思います。読点もリズムが崩れるならそれに合わせればいい。

どちらにしても、やってみないことにはどうだったか検証はできないし、自分の世界観の広がりを得ることができないなって思いました。

 

(ここの一言は続けるのね)

(ここのコーナーは大事な個性っす)

言葉で上手く表現できないからこそ積極的に面白がるのが吉!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210115171526j:image

今回はTony ver初音ミクちゃんのお届けでした!

f:id:drumdk49:20210115171540j:image

最終日の今日はシンプルな一枚に。以前に撮ったセイバーアルトリアの光の写真みたいに撮りたいなと思ったのだけど光がちょっと弱かったです。

その上、インスタでフィルターをかけたら光のラインが消えちゃったので撮ったままの写真にしました。こういうこともあるんだなって思いましたね。

 

こういう風に光の差し込みで写真が撮れるというのも屋内撮影の楽しみの一つですね。

屋外だと意図的に出来ないことはないけど、どちらかと言えば差し込みでは無くて影を利用するって感じになっちゃいます。夏場の木漏れ日みたいなのは、あれはあれで良い感じの写真でもありますけどね。

ただ、それこそ無限大と言ってもいいくらいに面白い写真のポイントが屋外にはあるので、やっぱり光が差し込む写真は屋内向けだなって思いました。

 

屋内でも写真を撮るようになって住みわけがなんとなく出来てきました。

あくまでなんとなくだけどね。屋内での撮影でも面白いポイントはあります。そこに気付けるかどうかなんだなって思いました。セイバーアルトリアの撮影の時、光の差し込みに気付いたのは本当に偶然でした。

f:id:drumdk49:20210115171624j:image

たまたま光が入ってきていて、そこに偶然フィギュアがあった。その画が、これは面白い!って思えたから撮ったのだし、今日みたいにまた撮ろうと思えました。

こういう言葉で説明するのが難しいことは、自分から積極的に面白がっていけば新しい発見が出てくるなって思いました。

 

(フィルターかけたら光が無くなったのは笑ったね)

(こういうこともあるもんだと思ったよ)

虹ヶ咲の一番くじが始まったからやってみたけれど!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210114181057j:image

虹ヶ咲の一番くじ昨日引きました!

10回やって上位賞であるタオルを二つゲット!

しずくちゃんとしず子でした。

つまり同じの二つ当たると言うミラクルでした!ちなみにしず子はしずくちゃんのあだ名です。

当たったのは嬉しいけどね。ただ推しの歩夢ちゃんが来て欲しかったな〜。推しが当たらなくても別々のが良かったな〜と思いました。

 

ほんで今日ちょっと外出した時にセブンイレブンがあってまだまだ残っていたので3回引いてみました!

うん。また来たの。しず子、、、

岡崎市内のしず子ファンには申し訳ないですが3つゲットしてしまいました!ちょっと推し変考えてしまうくらいです。

ちなみに虹ヶ咲の推しは最初は果林さんでしたけどね。アニメ見てから歩夢推しになりました。推し変したけど今も好きですけどねを果林さん。

 

とは言っても今までのラブライブシリーズもそうでしたが、みんな可愛いし素敵です!その中で強いて言うならこの子って言う推しはいますけどね。

それにしても虹ヶ咲は始まるまでラブライブだけどあまり期待してなかったりもしてました。それだけ色々な変更があったように思ったからです。でもね、アニメを見てたらやっぱり好きになっちゃいました!

どんな形であってもラブライブが好きなんだなって思いました!

ふと見たらブログ投稿数が1499でした。なので今回は1500回目!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210113172501j:image

本棚のステージで歌姫共演!

な一枚にしてみました。

何となくARIAの愛蔵版と撮ろうかなと思ってみてたらアテナ先輩が表紙じゃありませんか。この巻を上手いこと並べて歌姫共演とか面白いな~と思ってやりました。

並べ方など改善の余地はありますが、まずはやってみて良かったなと思いました。こういうひらめきはまずはやってみることに意味がありますね。

 

ふと投稿数を見て見たら昨日までで1499件となってました。

今日のブログで1500件目となります。なんだかんだと良く続けられたな~としみじみ思いました。2016年春に書いてみようと思って始めたこのブログ。途中でズルズルと言い訳をしながら書かなくなったこのブログ。2016年の12月にエクスマセミナーでもう一回やってみようと思って再開したこのブログでございます。

そこからほぼ毎日書いております。ほぼを付けたのは1回だけ飲みすぎて寝落ちしたことがあったから。こういうミスはいつまでも心に残りますね。毎日やっていることだとやらなかった1回が目立ちます。あれは7月の佐賀出張だったな~。

 

それ以外ではなんだかんだと書いてこれました。

ミスした時と同じ様に飲みすぎちゃった時もありました。閲覧数を見ると絶賛低飛行だけど書いてこれました。それは毎日書くという習慣になったのもあるけど、それ以前に毎日書くと決めたからでしょうね。

その中の一つに短パン社長の檄もあります。どうせ続けられないでしょ?と言われるのが悔しいからというのも原動力の一つとなっています。反対に一人でも見てくれてしかもイイネを付けてもらえているならサイコーじゃん!というオコトバが励みになってたりもします。

 

今日は話したいことがあるな。反対にまったくお話する内容がない。ありすぎて全部ぶっこんで何が言いたいかとっちらかっちゃったな。

そんな感じのブログですが、それもこれも全部ひっくるめてこのブログの、そして僕自身の個性だなって思えるようになりました。

これからも僕らしく!フィギュアなどの趣味のお話モリモリで続けていこうと思いました。

 

(振り返ってみると一番息が長いのフィギュアだよね)

(そういう自分の好きを認識出来たってのは大きいね)

最初は撮影出来ることが楽しかったけどいつからか出来栄えが気になるようになりました!なお話です

こんにちは!

f:id:drumdk49:20210112172329j:image

今回からはTony ver初音ミクちゃんのお届けです!

初回の今日は劇場の歌姫!な一枚にしてみました。

間接照明の光だと穏やかな色調になりますが、部屋に入ってくる光で撮ってみたら白が強い一枚になりました。こういう発見もまた面白いですね。

 

写真を撮っているとどうしても気になるのが光。

室内だと照明や間接照明、時間帯によっては日の光など色々選択が出来ます。だからこそどの光を選ぶのかが重要になってくると思います。

屋外だと日の光一択。なので日の当たり方や日陰日向どっちで撮るかなどが重要になってきます。ただし屋外撮影はシチュエーションがそれこそ無限大なのでそこが楽しいですね。

iPhoneのカメラであってもそれこそアプリなどで色々と設定をして良いカメラには劣るもののそれなりの写真は撮れます。僕はそこまでやるのがめんどくさいと思ってしまうのでやらないですけどね。最近こそ撮影では使わなくなりましたがSNOWを使うくらいです。

 

フィギュア撮影を振り返ると最初は撮れることが楽しかったです。

やっぱりやってみたいと思っていたことなのでそれを実現させられるのは嬉しくなるものです。

と思っていたけど、いつからか気付けば写真の出来栄えも気になるようになりました。これも一つの成長と言えるかもしれませんね。出来なかったことが出来るようになった。出来ることが楽しかったけど出来栄えが気になるようになった。

今でこそiPhoneでこだわってますがその内、良いカメラでとなりそうでちょっと怖かったりします。まぁ多分ならないとは思いますが。良いカメラは設定が難しいと思ってしまうので。あとSNSへの発信が手間取りそうなのでこの辺りが僕のラインだなと思います。ブルートゥースとかWi-Fiで繋げてカメラで撮った写真をスマホに送るという事が出来るのは知っているけどね。それでも多分やらなさそうな自分がいるのも再発見でございます。

 

(確かにカメラ買ったとしても使わなさそうだよね)

(めんどくさいが先行しそうですわ)