読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

伊豫田家具興産取締役 伊豫田のブログ

僕自身が日々の中で気付いた事や学びとなったこと、お仕事や趣味のことなどを書いていきます。

銀河の歴史がまた1ページ

本日のマンガ

ついに!ついにここまで来ました!!

ありがとうございます! 

100日目の更新です!!!

昨年末から毎日ブログを書こうと決めて、今年は365記事上げると年始に決めて、その目標達成のための第一目標である100日更新まで来ました!

ここまで長かったような、そうでもないような感じですが、なんだかんだ続けられたのは、自分の好きな事を好きなように書いたことと、読んでくれた方々がいたからだと思います。本当に感謝です!

次の200回目を目指して、また日々更新していきます!

 

さてさて記念すべき100回目更新の本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170329174820j:image

銀河英雄伝説

です!!

 

マンガやアニメが好きというとよく聞かれるのが、

「おススメは?」「面白いのある?」

などなどの質問なのですが、そう聞かれたときに答えることが多いのがこの作品です。

正確には小説であり、アニメですね。最近「封神演義」の藤崎竜先生のマンガが始まりましたのでマンガもカウントできますね。

専制君主制である銀河帝国と民主共和制の自由惑星同盟の戦争を描いた作品なのですが、この2つだけの争いではなく、第3勢力の商人集団フェザーンや地球教と呼ばれる宗教団体の介入があり、一筋縄では終わらないお話となっています。三国志と似た雰囲気でもありますね。

f:id:drumdk49:20170329174829j:image

 

僕がこの作品を知ったのは大学の頃でした。あまりに面白かったのでアニメ全話をものすごい勢いで見た記憶があります。戦争と政治をちゃんと書いているし、「ガンダム」と違って艦隊戦がメインであることが衝撃的でした。確かに艦隊の砲撃の方が「ガンダム」のビームライフルよりも強いので、艦隊戦からの白兵戦の方が話としては筋が通っている気がしますね(ちなみにガンダムビームライフルは設定上は戦艦の手法並みの威力があります)。そういう意味でも衝撃的な作品でした。

また、作中人物は魅力的な人物が多いのも特徴的です。というよりも魅力的な人物しかいないような気もします。この人、スゴイ!という人物から憎たらしい人物まで様々な人物が登場します。一人ひとりの人物像とその思惑の交錯も面白さの一つだと思います。

アニメ版のお話になりますが、「銀河声優伝説」と呼ばれているほどレジェンドクラスの声優のオンパレードです!普段声優に興味がない人でも、「この声、聴いたことがある」と思われると思います。一番初めに見たときにラインハルトの声がドラゴンボールベジータなので若干ツボにはまりましたけどね。

 

銀河英雄伝説」の話になると誰が好き?という話になります。

f:id:drumdk49:20170329174853j:image

 

僕が一番好きなのはヤン・ウェンリーですね。上の画像の左側の方です。ちなみに右はラインハルト様です。ヤン・ウェンリーは軍人らしくない軍人。天才的な作戦の数々。でもいつも本部上司に悩まされる。ヤン・ウェンリーの養子にユリアン・ミンツという少年がいるのですが、そのユリアンとの会話も面白いです。ヤン本人は軍人になってほしくないけれどユリアンの自由意志を尊重すると軍人になってしまう。そのあたりを困りながらユリアンに話したりするのは養父というよりもお兄さんという感じが近いですね。

他にもシェーンコップやロイエンタール、ミッターマイヤーをはじめ、魅力的な人物が多く出てきます。そういった人物の魅力もまた「銀河英雄伝説」の面白さだと思います。

 

小説版が全10巻、アニメが本伝110話と長い作品ではありますが、その長さを感じさせない面白さがある作品だと思います。

「わが征くは星の大海なり!」

銀河を舞台に交錯する人々のドラマが本当に面白いお話です!

f:id:drumdk49:20170329175036j:image

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ブログの更新がまた1ページ。。。

爆発は特撮の華です!!!

本日の映画

こんにちは!99日目の更新です!!

いよいよ明日から100日目となります。今年1年間の目標である365記事に向けて小目標だった100記事を迎えます!

好きな事だから続けられると思って記事の更新をしていますが、ネタをどうしようか、同じネタを出してもいいのかなと思うことはありました。

最初はマンガだけと考え、マンガのみの更新をしていても映画や小説などで面白いと思うことも多く、またそれら以外の事で嬉しかったことや感動したこともあって、マンガのみというところから僕が好きなものというものへシフトしたりもしました。

今後もこのスタイルで続けていこうと思います!

 

さてさて本日は、昨夜レンタルしてやっと見れた話題作であるこちら

f:id:drumdk49:20170328155400j:image

シンゴジラ

です!

 

エヴァンゲリオンの監督で有名な庵野秀明が撮ったという映画で公開当時はワクワクしていました!が、映画館に行くこと叶わず、気付けば「君の名は」はやっていても「シンゴジラ」はやっていないという状況になってしまっていました。そして待望のレンタル開始です!今回ばかりはいち早くと思い普段は新作を借りないのですが、新作をレンタルして、やっと見ることができました!

 

面白かったです!と同時に映画館で見られなかったことが残念です!

 

エヴァの監督という事だけあって、随所にエヴァっぽさがありました。

ゴジラの謎を解析したり、会議したりとこういうところは特にエヴァっぽいと思いました。また、そういうところに限ってエヴァの曲を使われていたりして、ファンならニヤリとするところですね!

会議のやり方や自然の象徴としてのゴジラということで深く考察される方も多い作品だったと思います。が、僕が一番思ったのは特撮シーンで、

「絶対に庵野秀明はこのシーンを撮りたかっただけだ」

ということです。特撮マニアである庵野秀明がやりたい事をやりました!という感じがビンビン伝わってきました。新幹線と電車が突っ込んでいくシーンなどはその最たるものだと思います!

エヴァでも戦車や空爆のシーンがありますが、それを実写で出来たということで、ご本人はもう楽しくて仕様がない状態じゃなかったでしょうか。

一番最後にゴジラの尻尾から生まれようとしている人型のモノが巨神兵ぽく見えたのは師匠である宮崎駿監督へのリスペクトなのかもしれませんね。

 

特撮自体久しぶりに見ましたが、やっぱり大怪獣と人類がドッカンドッカンとやる画は面白いし興奮しますね!細かいことは抜きにしてそれだけ大満足です!

爆発は特撮の華です!!!

時代の流れに乗るということ

雑記

こんにちは!98日目の更新です!!

今日は天気は良かったけれど、風が強くてちょっと冷える岡崎市でした。

今週の土曜日である4月1日から15日まで岡崎公園で桜祭りがありますが、この寒さだと厚着をしないとお花見も厳しそうですね。

4月に入り春になって暖かいと思っていても、まだまだ夜は冷えることが多いので、油断せずに暖かい上着を持っていこうと思います!

 

さてさて本日はマンガではなく、最近読んで面白かった本からこちら

f:id:drumdk49:20170327194228j:image

「象の墓場」

です!

ついにラノベでもない本の登場です!

 

本の内容としては、アメリカ企業のフィルムメーカー、ソアラ。そこの日本法人を舞台に写真業界のデジタル化に対策を講じるが技術の進歩によってどんどん駆逐されていく様を描かれています。

 

技術進歩の流れにソアラが乗れなかったからメーカーとして衰退してくお話だと思って読み始めましたが、どうもそれだけではなかったように思います。

 

ソアラはデジカメやコンテンツの開発をしていましたし、何より近い将来にフィルムは不必要になりデジカメの時代が来ることを予測していました。

今の自分の事業と将来の予測を完璧と言ってもいいくらいにやっていたのにも関わらず、時代の流れによって駆逐されてしまった。読んで動くだけでは足りないのかもしれません。

トップが危機感を感じていてもそれが現場に伝わっていなければ結局意味がない。最後の最後までフィルムは残るという話をしているのは結果を知っている僕らからしてみると、何を言っているのだと思ってしまいます。

 

僕らの仕事、会社も同じ事だと思います。来たる未来を予測して動いても、早すぎては市場に認知されない。遅ければ市場を失う。時代の流れにフィットさせて動くこと、そして会社一丸となって情報、展望をシェアしていくことが大事なのだと思います。

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございます!

ちょっとアレな感じのマンガだと思っていました。

本日のマンガ

こんにちは!97日目の更新です!!

本日の岡崎市は雨でした。なんか雨って久しぶりな気がしますね。ここのところ晴れているのが多かったので特にそう思います。たまにはこういう雨降りもいいな~と思います。

寒暖も天候もありのままで受け入れるしかないですね。「宇宙兄弟」でも人はお天道様には逆らえないってお話もありましたしね!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170326175027j:image

「めしぬま。」

です!

 

一言でいうとサラリーマンが食事をするだけのお話です。

ちょっと前からネット界隈で話題になっていたマンガでもあります。どういう点で話題になっていたかというと、その描写がちょっとね~という点です。

f:id:drumdk49:20170326174900j:image

 

うん、ちょっとアレな感じがしますね。

ただおいしそうにご飯を食べる描写なのですけど、ちょっとアレな感じがしますね!

ただ、意外とこのマンガ面白かったです。ご飯をおいしそうに食べられるっていうのもステキな要素ですね!

f:id:drumdk49:20170326174919j:image

 

どんなものでもご飯を美味しく食べれる人ってそれだけで十分魅力的な気がします。それだけその人が日々、満ち足りているからなのだと思います。

その満ち足りているものが何なのかは人それぞれだとは思いますが、その感覚があるかないかで幸せかどうかを感じれるか感じれないかに繋がってくるなのだと思います。

今、自分自身の幸せを感じれる人は、次のことを迎えられる準備が整っているのだと思います。相手がいくら喜んでくれたといっても同じことの繰り返しでは飽きられてしまうと思います。たまに食べるからフレンチやイタリアンが特別なものになるのと同じことだと思います。毎日食べてたら多分飽きちゃいますね。

愚痴や悩みもあるけれど、それでも何か幸せだと思えるものがあれば一歩を踏み出せるんじゃないかなって思います。そこに相手があるなら尚更そうなのだと思います。

 

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

一人の大人の成長のお話

本日のマンガ

こんにちは!96日目の更新です!!

今日もなんだか寒い1日でしたね。暖かかったり寒かったりな今日この頃だと思います。体調管理はしっかりとしないといけないですね。

昨日は知人の紹介でアイケイケイ株式会社の金子社長の講演を聞きに行きました!

トップが夢を語ること、仕事を趣味にすることなど、今後の事を考えるヒントを頂きました。入居も落ち着いてきて次のステップへの差し掛かりにやっときました。どう行動していくかしっかりと練っていきます!

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170325175457j:image

BAMBOO BLADE

です!

直訳すると竹刀。その名の通り剣道マンガです。

 

内容は剣道部の女子高生の日常を描いたほのぼの部活マンガです。もちろん稽古や試合などもありますが、熱血!という感じのマンガではないですね。ただ主人公の川添珠姫ともう一人の主人公ともいえる顧問のコジロー先生こと石田虎侍先生の成長を描いたお話です。

 

剣道マンガといえば「六三四の剣」や「おれは鉄兵」、「龍」などありますがそういった男たちのドラマというマンガではないです。

かわいい女の子が、

部活動として剣道を練習して、

試合に勝ったらうれしいし、負けたら悔しい。

そんな感じでお話が進んでいきます。

 

僕も最初はそんな感じで、かわいいな~、おもしろいな~と思って読んでいたのですが、少しずつそれだけじゃないな、と思えるようになってきました。その存在がコジロー先生です。

最初こそダメな大人な描写が多かったコジロー先生ですが、だんだん教師として成長していくのがカッコいいと感じてきます。確かにほんわかした女の子がかわいいマンガでもあるのですが、コジロー先生がだんだんカッコよくなっていくマンガでもあります。

最後まで読んだときに思ったのは、

「タマちゃんかわいかった~」

ではなくて

「コジロー先生、カッケ~!」

でした。

部活動もののマンガとしてはそれあり!?とも思える感じですが、そう思えてしまうのが凄いですね。

f:id:drumdk49:20170325175541j:image

 

基本的にはギャグあり、かわいい女の子ありで読みやすいマンガですが、一人の大人の成長のマンガとして面白いマンガです!

f:id:drumdk49:20170325175551j:image

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

好きだから何処まででも行ける!

こんにちは!95日目の更新です!!

昨夜はサッカーワールドカップ最終予選がありましたね!アウェーで貴重な勝利を取れたのは本当にすごいと思います!しかも今野選手が攻守にわたって活躍されたとか!今よりもサッカーに興味があった時に好きな選手だったので代表での活躍を聞けたのは嬉しいです!

まあ、僕はテレビ欄を見て最終予選があるのを知ったのですけどね。しかも今野選手が出ることを知ったのはスタメン発表でしたしね。年々サッカーから離れていってる気がします。。。

 

さてさて本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170324160402j:image

ホイッスル!

です!

安直にサッカー繋がりということで選びました!連載時期的にはフランスW杯の時から日韓W杯の間くらいですね。約20年くらい前ですね。意外と古いマンガでした。

 

内容は、サッカー名門校である武蔵森学園サッカー部だった風祭将が身体が小さいという理由で試合に出れない状況を変えるために桜上水中学校に転向するところから始まる青春スポーツマンガです。

この風祭君、サッカーのセンスがピカイチなわけでも、俊足なわけでも、フィジカルが強いわけでもない平凡な子です。ただ1点、平凡じゃないのはサッカーに対しての情熱が凄いということです。

マンガの中身も試合の描写も多いですが、どちらかというと風祭君を中心にチームメイトといかに壁を変えていくかという練習シーンの方が濃い気がします。大好きなサッカーが上手くなることでさらに好きになるという感じですね。

 

好きだから何処まででも行ける。

好きなことに理由なんてない。

そういう事を感じさせくれるマンガです!

f:id:drumdk49:20170324165242j:image

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

ラストアゲ太郎!

こんにちは!94日目の更新です!

昨日は会社の幹部会でしたが飲み過ぎました!特に次長と行った2件目でこんなに飲んだの!ってくらい飲んでしまいました。おかげで本日は二日酔いです、、、

久々にここまでの二日酔いになったな〜と思いました。お酒は美味しくて楽しいですが、適量にしないといけないですね!

 

さてさて、本日のマンガはこちら

f:id:drumdk49:20170323200550j:image

とんかつDJアゲ太郎

です!

 

「ジャンプ+」っていうアプリで連載していたのですが、本日の更新で最終回を迎えました。遂に終わってしまったな〜っていう感じです。

とんかつとDJで昼はカツを揚げて、夜はDJでフロアをアゲる。そんなダジャレから始まったようなマンガですが、毎週の楽しみでした。来週から更新されないとなると寂しい感じですね。

f:id:drumdk49:20170323200353j:image

 

最終回は最終回らしいどこかしんみりした感じでお話が進んで行ったのですが、ちょっと「とんかつDJ」らしくはないかな〜とも思いました。もうちょっとアゲる感じが欲しいな〜と思って完の文字を迎えました。とんかつ定食で言うとあと一品欲しいって感じですね。

f:id:drumdk49:20170323200438j:image

 

と思ったら最後の最後にナイスなおまけマンガが!このおまけマンガが欲しかった一品になりました!「とんかつDJ」終わったんだな〜という思いと、しっかり「とんかつDJ」らしい最後だったな〜と思えました!

f:id:drumdk49:20170323200453j:image

 

読むとなんだかとんかつが食べたくなるような素敵なマンガでした!次の作品はいつになるかは分からないですが、次の作品を期待して待ってたいと思います!

 

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!